まさかの酔った勢いでの告白

前の彼氏にいいかげんうんざりしていて、別れを告げ、さんざんごねられて別れた次の日のことです。
むしゃくしゃしていた私は、前から気になっていたアルバイト先の先輩に思い切って「飲みにいきましょう」と誘ったんです。そんなこと今まで一度もなかったんですけど。えっ本当の話し??神様のイタズラか?友人の恋の行方

 

先輩からの返事はもちろんいいよということで、飲みに行くことにしました。
結局、その先輩と先輩の大学の後輩と3人で飲みにいくことにしました。
いつも仲良くしている3人なので別段特に不満などもなく、和やかな雰囲気で飲み会は進みました。
そして、先輩の後輩の人と私たち2人は別方向だったので、駅で分かれ、私と先輩はアルバイト先に行くことにしました。
というのも、アルバイト先の鍵を先輩が持っていてよく忍び込んでいたんです。
そのころにはしこたま飲んで、けっこうへべれけだった私。
気がついたら次の日の朝といったかんじでした。
そして、なんだか雰囲気がおかしい。

 

先輩に聞くとなんと私が昨日告白したというではありませんか!
「商店街の入り口のファーストフードの店の前で男として好きです。って言われたよ」と言われました。
顔から火が出るぐらい恥ずかしく、まったくおぼえていないのですが、先輩は了承してくれたようです。
その後、順調に交際は進んでいきました。
告白3
アルバイト先にもばれずに交際は進み、大学を卒業して数年後に結婚しました。
今では子どももいます。
今でもあの覚えていない衝撃的な告白は笑い草にされています。
しかも、私の母まで知っているので余計に笑えません。
きっと将来絶対に子どもにも伝わるのだろうな、と思うとちょっとくやしいのですが、仕方が無いですね。
ちなみにまだ告白の場所は残っていて、さらに2人がアルバイトしていた場所も残ってはいるので、将来子どもを連れて行き、その場所での出来事を旦那に伝えてもらおうかと思っています。